専門家に頼まないで自分で格安で手続きする方法

自分でやる法律手続き

相続登記

相続登記に必要な書類(登記申請書以外の書類)

更新日:

「誰がどの不動産を相続するかは決まったものの、あとどんな書類を揃えれば良いでしょうか?」
「何処へ行けば、必要書類が取得できるか分からない。」
そんな方へ向けて記事を書いています。
相続登記に必要な書類をまとめました。

相続登記に必要な書類(登記申請書以外の書類)

1 相続登記における必要な書類

(1)どんな相続登記でも必要不可欠な書類

  • 被相続人の戸籍の附票
  • 戸籍(必要な戸籍まとめを参照)
  • 最新の固定資産評価証明書
  • 相続人のうち登記名義人となる者の住民票
  • 代理権限情報(*登記名義人が複数の場合、実際に登記申請する相続人に対する他の相続人からの委任状)

<代理権限証明情報>

司法書士等の専門家などが本人に代わって申請する場合に、代理人であることを証明するもの

代理権限証明情報の具体例

司法書士等の代理人の場合
本人が記名し実印を押印した「委任状」および「印鑑証明書」
*なお、委任状には、①委任内容、②委任者と受任者の記載、が必要です。

親権者の場合
「戸籍謄本」

遺言執行者の場合
「遺言状」および死亡の記載のある「戸籍謄本」

(2)遺言による相続登記

  • (1)の書類
  • 遺言書

(3)遺産分割協議による相続登記

  • (1)の書類
  • 遺産分割協議書
  • 各相続人の印鑑証明書

(4)法定相続による相続登記

  • (1)の書類のみでOK

2 必要書類の解説

(1)「相続人の住民票」の取得方法

遺言による相続登記の場合、「遺言で不動産を相続する相続人」の住民票
遺産分割協議による相続登記の場合、「協議で不動産を相続する相続人」の住民票
法定相続による相続登記の場合、「相続人全員」の住民票

(2)「戸籍の附票」の取得方法

「戸籍の附票」とは、住所の移転履歴が記載されているもの。
戸籍を保管する市区町村の役場で、取得できます。
戸籍の附票は、戸籍などと共に登記簿上の名義人が戸籍上亡くなった相続人であることを証明するものです。

(3)「固定資産評価証明書」の取得方法

相続登記の際に登録免許税を納付しなければいけません。
相続登記の登録免許税は、不動産価格×4/1000
であるため、不動産価格を明らかにすべく最新の固定資産評価証明書が要ります。

取得先
不動産の所在地を管轄する市区町村役場で取得できます。
東京23区は、都税事務所で取得できますので、注意しましょう。

(4)窓口で請求するための書類提示

相続人は被相続人とは別人であるため、市区町村の窓口で下記の書類の提示が必要です。

  • 被相続人の死亡を証する戸籍
  • 取得請求をする者が相続人であることを証明する戸籍
  • 取得者の本人確認書類(運転免許証など)
  • 取得請求書(役場においてあります)

(5)<忙しい人のための郵送取得>

下記の書類を同封の上、役場に郵送します。

  • 取得請求書(ネットで役場のホームページから出力)
  • 定額小為替
  • 本人確認資料の写し(運転免許証など)
  • 被相続人の死亡を証する戸籍の写し
  • 取得請求者が相続人であることを証する戸籍の写し
  • 返信用封筒、切手

*詳しくは、請求先の役場にお電話またはホームページなどで確認してください。

3 行政機関で取得できる書類のまとめ

(1)戸籍
<取得先>本籍がある市区町村役場

(2)被相続人(亡くなった人)の戸籍の附票
<取得先>本籍がある市区町村役場
登記上の住所が記載されているものを取得してください

(3)固定資産評価証明書
<取得先>不動産所在地の市区町村役場の税務課

(4)印鑑証明書
<取得先>住所地の市区町村役場
遺産分割協議などの場合に、各相続人のものを取得してください

(5)住民票
<取得先>住所地の市区町村役場
登記名義人(亡くなった人から不動産をもらう人)になる相続人のもの

*なお、分からなければ、法務局などでお聞きください。昔と違って、自分で相続登記する旨伝えれば、分かりやすく教えてもらえるはずですよ(^o^)

-相続登記

Copyright© 自分でやる法律手続き , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.