専門家に頼まないで自分で格安で手続きする方法

自分でやる法律手続き

相続登記

遺産分割による相続の内容および方法

更新日:

「被相続人に遺言書が無かった場合、相続をどう進めれば良いでしょうか?」
「遺産分割で話し合う内容が分からない。」
そんな方へ向けて記事を書いています。
遺産分割協議による相続の内容や方法について、まとめました。

遺産分割による相続の内容および方法

1 不動産の相続パターンの確認

(1)相続の3パターン

①遺言による相続
②遺産分割による相続
③法定相続

まずは、第一に優先されるのは、①遺言による相続です。
遺言書がない場合、②法定相続か、③相続人全員で話し合い、遺産分割するかになります。
*なお、遺産分割協議のやり直しはできますが、贈与税の課税対象になることもありますので、慎重に決めましょう。

(2)自分の相続パターンの確認

ア 遺言書がありますか?
遺言書があれば、原則として遺言による相続が優先します。
*なお、遺言書があっても相続人全員の合意があれば、例外的に遺産分割による相続が可能。

イ 遺言書がない場合、法定相続でよければ法定相続。
相続人全員の同意で法定相続じゃない相続方法で遺産分割による相続ができます。

2 遺産分割の方法

(1)全員参加が絶対条件

遺産分割は、相続人の全員が参加しなければいけません。
たとえ一人でも協議に参加していないと、無効になってしまいますので注意してください。

(2)相続人に未成年者がいる場合

「特別代理人」の選任が必要です。
*未成年者が親権者と共に、相続人になる場合(例:父が亡くなり、母と共に子どもが相続人になる場合)に限られます。
家庭裁判所を通じて、特別代理人を選任してもらいます。
親権者が未成年者を代理すると、自分にのみ有利なように、かつ未成年者に不利なように遺産分割の協議がされるおそれがあるため。

(3)相続人に認知症や知的障害の方がいる場合

「成年後見人」の選任が必要です。
家庭裁判所を通じて、成年後見人を選任してもらいます。
*本人が協議に参加しても協議内容が認識できず、不利な協議とされるおそれがあるため。

3 遺産分割協議書の内容

(1)記載すべき内容

  • 被相続人の氏名、登記簿上の住所などの情報
  • 協議の内容(誰がどの不動産をどういう割合で相続するのか)
  • 遺産分割の対象となる不動産の表示
  • 相続人の住所、氏名

*遺産分割協議書には、すべての相続人が住所と氏名を自書し、実印で押印しなければいけません。
相続人全員の「印鑑証明書」も添付します。
**協議の内容には、「○の不動産は、○子が2分の1、○男が2分の1の割合で相続する」「○の不動産は、○男が単独で相続する」などのパターンがあります。
***遺産分割協議書は、あくまで相続登記に必要な限りのものなので、協議内容は「不動産について」の相続だけで足ります。

(2)「不動産の表示」の書き方

登記簿謄本の「表題部」に記載してあることを正確に記載しましょう。
ア 土地
所在、地番、地目、地積
イ 建物
所在、家屋番号、種類、構造、床面積
ウ 建物(マンション)
一棟の建物の表示として、所在、建物の名称など
専有部分の建物の表示として、家屋番号、建物の名称、種類、構造、床面積
敷地件の表示として、所在、地番、地目、地積、敷地件の種類、敷地件の割合

-相続登記

Copyright© 自分でやる法律手続き , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.