専門家に頼まないで自分で格安で手続きする方法

自分でやる法律手続き

相続登記

相続登記に必要な戸籍の種類や戸籍の読み方(相続人の確定)

更新日:

「相続登記」をする際に添付しなければいけない書類として、「戸籍」があります。
ひとくちに戸籍といっても、「どうやって取ったらいいか分からない」「どんな相続のときに誰のどこまでの戸籍が必要でしょうか?」
そんな方へ向けて記事を書いています。
相続登記に必要な戸籍の種類や戸籍の読み方ををまとめました。

相続登記に必要な戸籍の種類や戸籍の読み方(相続人の確定)

1相続登記に必要な戸籍を取ろう(相続人の確定)

(1)基本の相続パターン

①遺言による相続
②遺産分割による相続
③法定相続

(2)相続登記に必要な戸籍(代襲相続の場合を除く)

原則
ア 被相続人の出生から死亡までの戸籍
イ 各相続人の最新の戸籍(相続人が死亡したいた場合、死亡時の戸籍)

*アによって、「隠し子」などがいないかをチェックします。
イによって、相続人が相続発生時において現に実在していること(または死亡の事実)を立証します。

<必要な戸籍のまとめ>

①法定相続・遺産分割による相続

ア 配偶者と子が相続人:原則のセット(上記アとイ)のみ
イ 子のみが相続人:原則のセットのみ
*配偶者が被相続人の死亡前に死亡(または離婚)している事実は、原則によって証明できます
ウ 配偶者のみが相続人:原則のセットおよび第二順位の相続人の出生から死亡までの戸籍
*子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子の出生から死亡までの戸籍も必要。兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡していた場合、その兄弟姉妹の出生から死亡までの戸籍も必要。
**第一順位、第二順位、第三順位のいずれの血族相続人もいない事実を立証するため。
エ 配偶者と被相続人の親(直系尊属)が相続人:原則のセットのみ
*子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子の出生から死亡までの戸籍も必要。
**第一順位の血族相続人がいない事実を証明する必要。
オ 親(直系尊属)のみが相続人:原則のセットのみ
*子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子の出生から死亡までの戸籍も必要。
**配偶者がもともと不存在、被相続人の死亡以前に死亡(または離婚)している事実は、原則のセットで立証が可能です。
カ 配偶者と兄弟姉妹が相続人:原則のセットおよび第二順位の相続人の出生から死亡までの戸籍
*子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子の出生から死亡までの戸籍も必要。
**第一順位および第二順位の相続人がいない事実を立証する必要があるため。
***第一順位、第二順位の相続人がいないことではじめて兄弟姉妹は相続人となります。
キ 兄弟姉妹のみが相続人:原則のセットおよび第二順位の相続人の出生から死亡までの戸籍
*子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子の出生から死亡までの戸籍も必要。
**第一順位および第二順位の相続人がいない事実を立証する必要があるため。

②遺言による相続
  • 被相続人の死亡時の戸籍
  • 相続人が相続人たる地位を有していることを証する戸籍
  • 相続人の最新の戸籍
    *相続人が現に生きて実在しているか、被相続人が死亡し遺言書の効力が生じているかなどを立証するため。

(3)代襲相続の場合の相続登記に必要な戸籍

代襲相続では、代襲相続人の確定および代襲原因の発生も証明しなくてはなりません。
したがって、代襲相続では、(2)および本来の相続人の出生から死亡までの戸籍も取得しないといけない訳です。
*「代襲相続」とは、本来相続人になるべき相続人に「一定の事情」があるとき、本来の相続人に代わってその者の子が相続人になるという制度です。
**「一定の事情」とは、①本来の相続人(子、兄弟姉妹)が相続開始以前に既に死亡、②本来の相続人が欠格事由に該当、③本来の相続人が被相続人によって廃除の場合をさします。

<代襲相続による相続登記に必要な戸籍>

ア 配偶者と孫が相続人   原則のセットおよび被相続人の子の出生から死亡までの戸籍
イ 孫が相続人       原則のセットおよび被相続人の子の出生から死亡までの戸籍
ウ 配偶者と甥、姪が相続人 原則のセットおよび第二順位の相続人の出生から死亡までの戸籍、被相続人の兄弟姉妹
エ 甥、姪が相続人     原則のセットおよび第二順位の相続人の出生から死亡までの戸籍、被相続人の兄弟姉妹

<ポイント>

① 必要になる戸籍は、相続のパターンなどにより変わります。
② まずは、相続の3パターンのいずれかを確認しましょう。
③ 次に、具体的に相続人が誰かを確認し、上のどの場合にあたるのかを確認しましょう。
④ 必要な戸籍を確認し、取得します。

2 戸籍の取得

(1)戸籍取得のポイント

① 戸籍の取得は1回で済むことは、まずあり得ません。焦らないで慎重に確認しましょう。
② 死亡時から徐々に過去にさかのぼるように取得しましょう。そうすることでミスを防げますよ。
③ 分からないときは、役場の人に聞いてみましょう。「従前の戸籍はどこで取得できますでしょうか?」と聞いてみるのが良いです。

(2)戸籍の取得方法

①戸籍の取得先

本籍地の市区町村役場

②戸籍を取得するために必要な情報

  • 本籍地
  • 戸籍を取得して確認したい人の氏名および生年月日
  • 戸籍の筆頭者の氏名および生年月日

*なお、本籍が分からない場合、「本籍地が入っている住民票」を取得すると確認できます。

③戸籍を請求できる人

誰でも他人の戸籍を取得できてしまうと、ストーカー被害やプライバシーの問題も生じます。
そこで、戸籍を取得できる人は制限されています。

  • 戸籍に記載されている人自身
  • 戸籍に記載されている人と直系血族の関係にある人
  • 戸籍に記載されている人の配偶者

④戸籍の取得にかかる費用

ア 戸籍 450円/通
イ 改正原戸籍・除籍 750円/通
*「改正原戸籍」とは、新しい要式に移された後の古い昔の戸籍をいいます。

⑤ 郵送による戸籍の取得

<郵送取得に必要なもの>
ア 戸籍の取得請求書 市区町村役場のホームページなどからプリントアウトできます。
イ 定額小為替(ていがくこがわせ) 郵便局で購入。
ウ 取得請求者の本人確認書類の写し 運転免許証のコピーなど。
エ 切手を貼った返信用封筒
これらを同封して郵送で戸籍の請求をします。
*なお、役場によっては、「被相続人の死亡の記載がある戸籍」「請求人が相続人であることを示す戸籍」「今回の請求するきっかけとなる戸籍」などが必要な場合もあります。事前に電話等で確認してください。

3 戸籍の読み方

(1)戸籍に使われる漢字・用語

ア 壱(いち)  →「一」
イ 弐(に)   →「二」
ウ 参(さん)  →「三」
エ 拾(じゅう) →「十」
オ 廿(にじゅう)→「二十」

「転籍」 本籍を移すこと

(2)戸籍の読み方

ア 戸籍事項欄

戸籍事項欄には、戸籍改製日や改製事由が記載されています。
戸籍改製日によって、この戸籍のはじまりを確認できます。
戸籍改製日や改製事由によって、1つ前の戸籍を確認することもできます。

イ 戸籍に記載されている者・身分事項欄

ここには、戸籍に記載される者の、氏名および出生、婚姻、死亡、除籍などが記載されています。

4 行政機関で取得できる書類のまとめ

(1)戸籍
<取得先>本籍がある市区町村役場

(2)被相続人(亡くなった人)の戸籍の附票
<取得先>本籍がある市区町村役場
登記上の住所が記載されているものを取得してください

(3)固定資産評価証明書
<取得先>不動産所在地の市区町村役場の税務課

(4)印鑑証明書
<取得先>住所地の市区町村役場
遺産分割協議などの場合に、各相続人のものを取得してください

(5)住民票
<取得先>住所地の市区町村役場
登記名義人(亡くなった人から不動産をもらう人)になる相続人のもの

-相続登記

Copyright© 自分でやる法律手続き , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.