専門家に頼まないで自分で格安で手続きする方法

自分でやる法律手続き

養育費(離婚)

調停離婚の手続きと調停離婚の特徴

更新日:

「協議離婚で合意に至らなかった場合、どういう風に手続きが進んでいくのか分からない」
「協議離婚には、どんなメリット(長所)あるかな」
この記事は、そんな方へ向けて書いています。
協議離婚の手続きの流れと、協議離婚の特徴についてまとめました。

調停離婚の手続きと調停離婚の特徴

1 調停申し立てから調停成立(不成立)までの手続の流れ

(1) 協議離婚不成立など、話し合いで合意に至らない場合

家庭裁判所に調停を申し立て

(2) 家庭裁判所から調停期日呼出状が送付

(3) 第1回調停期日

調停で話し合い
夫婦それぞれが言い分を言い合い、男女1名ずつの調停委員が間に入り、合意点を探ります。
*夫婦が直接話し合うのではなく、調停委員が仲介に入って話し合いを進めることに注意。

まず申立人が調停室に入り、言い分を述べます。
申立人は、これまでの経緯、夫婦の現在状況、子どもの状態・問題などを調停委員から質問を受けるなどします。
おおよそ30分ほど。
その間、相手方は控え室にて待機しています。
交替して、相手が調停室に入ります。
申立人の言い分に間違いがないか、相手の言い分などを調停委員が質問、確認などします。
それぞれの言い分を聞いた後、調停委員が解決策を提示。
*調停での話し合いは、おおよそ1ヶ月に1度ぐらいの頻度。

(4) 調停期日にて数回話し合い

(5) 調停成立または不成立

合意できなければ、審判離婚または裁判離婚に移行します。
*なお、調停は本人出席が原則です。
出席できない特別な事情がないにもかかわらず、出席しない場合にも調停不成立となります。

2 調停離婚の特徴

(1) 調停の準備リスト

  • 手帳などのスケジュール帳
  • 筆記用具
  • 証拠書類など
  • 服装・髪型など(調停委員に第一印象を良くするため)
  • 子どもを預けておくかする
  • 言葉遣いにも注意する(調停委員に真面目で誠実な印象を与えるため)

(2) 調停に望む言い分をまとめておく

調停期日に出頭してから、自分の言い分や考えをまとめてては、うまく整理できないこともあります。
事前に整理しておいた方が、調停委員や相手にもよく伝わるでしょう。

  • 出会いから結婚に至るまでの経緯
  • 結婚から調停に至るまでの経緯・流れ
  • 家族構成(子どもの人数や年齢など)
  • 夫婦の職業や収入、資産
  • 世帯の生活状況(家計簿など)
  • 現在の自分の心境
  • 相手への要望

(3) 調停離婚のメリット

  • 第三者が仲介に入って解決策を提示してくれます
  • 相手方と顔を合わせることなく、話し合いができます
  • 弁護士に依頼しなくても自分でできるため、費用がかからない
  • 裁判と違い、一方的な判決を下されることがない
  • 裁判離婚と違い、離婚につき法定離婚事由に限定されない
  • 離婚調書に強制力および強制執行力がある

法務省は、離婚に伴う子どもの養育費に関する法律の解説や夫婦間で作成する合意書のひな型を掲載したパンフレットを作成しました。
2016年10月1日から全国の市区町村の窓口で離婚届の用紙を交付した際に配り、法務省のホームページでも公開しています。
パンフレットは、養育費の金額や支払期間などを具体的に決めて合意書を作成するよう提案。
養育費相談支援センターなど相談窓口の連絡先も記している。
養育費を巡っては、取り決めた金額が支払われない際の強制執行を容易にするため、支払い義務がある人の預貯金口座の有無を裁判所が金融機関に照会し、支店名や残高を開示させる制度の導入が議論されている。
日本経済新聞より

<お役立ちウェブサイトの紹介>

NPO法人M-STEP

NPO法人シングルマザーズフォーラム

養育費相談支援センター(公益社団法人 家庭問題情報センター)

<養育費および離婚の関連記事>

離婚の全体像(離婚の種類や離婚以外の選択肢)

離婚するとどーなるか?(離婚の影響)

養育費の請求マニュアル(養育費強制執行マニュアル)

養育費の相場(養育費の平均)と算定

-養育費(離婚)

Copyright© 自分でやる法律手続き , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.