専門家に頼まないで自分で格安で手続きする方法

自分でやる法律手続き

養育費(離婚)

離婚における慰謝料請求(豆知識)

更新日:

芸能人が不倫して離婚に至ると、慰謝料が◯◯◯万円なんて記事を目にします。
一般人だと、どれくらい慰謝料ってもらえるものなんでしょうか?
この記事は、そんな方へ向けて書いています。
慰謝料が認められるケースと認められないケース、手続き、請求の相手などをまとめました。

離婚における慰謝料請求(豆知識)

1 慰謝料の特徴と慰謝料が認められる場合

(1)慰謝料を請求できない場合(認められないケース)

  • 双方に離婚原因がある(ダブル不倫など)
  • 請求される相手に離婚の責任がない
  • 性格の不一致
  • 夫婦関係破綻後の不貞(浮気・不倫)
  • 既に財産分与などで損害が補填されている

(2)慰謝料を請求できる場合(認められるケース)

  • 不貞(浮気・不倫)
  • 暴力(DV)
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さないなどの義務違反行為)

(3)「慰謝料」とは

離婚原因をつくった配偶者が、精神的苦痛を受けた相手方に対し、負担する賠償金のこと
平均200~300万円程度が相場

*慰謝料請求ができるのは、離婚後3年以内です。
ただし、一度離婚時などに慰謝料を放棄してしまうと、再度請求することはできません。

2 慰謝料算定

(1)当事者双方に共通するポイント

  • 結婚期間と年齢
  • 子どもの有無と親権がどちらにあるか
  • 結婚当時の夫婦の協力関係

(2)支払う側のポイント

  • 離婚原因となった違法行為(浮気や暴力など)の責任の程度
  • 社会的地位
  • 収入や資産

(3)請求する側のポイント

  • 精神的苦痛の程度
  • 請求する側の責任の有無や程度
  • 離婚後の請求する側の収入など経済的自立性

3 慰謝料請求の手続き

浮気や不倫などの不貞行為に対する慰謝料は、配偶者だけでなく不倫相手にもそれぞれ請求することができます。
なお、不倫相手に請求するには、不倫相手が既婚者であることを知りながら、あえて交際していたことが必要です。

(1)配偶者に対する慰謝料請求

①まず夫婦間で話し合い
②夫婦間で合意が得られなければ、家庭裁判所に調停を申し立て
③調停が不成立なら、裁判となります

(2)不倫相手に対する慰謝料請求

①まず内容証明郵便を送付
②相手が応じない場合、簡易裁判所または家庭裁判所に調停を申し立て
③調停が不成立なら、裁判となります

慰謝料請求には、証拠の確保が必要。
<証拠となるもの>
不倫相手からのメールや写真、手紙
精神的苦痛を受けたことを示す日記など

不倫相手の負担する慰謝料は、100~200万円が相場です。
配偶者に対する慰謝料よりも若干少なくなることが多いです。

<お役立ちウェブサイトの紹介>

NPO法人M-STEP

NPO法人シングルマザーズフォーラム

養育費相談支援センター(公益社団法人 家庭問題情報センター)

<養育費および離婚の関連記事>

離婚の全体像(離婚の種類や離婚以外の選択肢)

離婚するとどーなるか?(離婚の影響)

調停離婚の手続きと調停離婚の特徴

養育費の請求マニュアル(養育費強制執行マニュアル)

養育費の相場(養育費の平均)と算定

-養育費(離婚)

Copyright© 自分でやる法律手続き , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.